TOP PAGE | ONLINE SHOP | サポートページ | ポールのページ |  ブログ | リンク

HOMEお問合せODSK実店舗紹介サイトマップ         ONLINE SHOP  ログイン | マイページカートを見るご利用案内会員登録
 

 
YouTube動画集

2017 ウッドタワー講習会


2016 アーボセミナー in 立川


2016 ウッドタワー講習会


2016 アウグスブルグ
ツリーカンファレンス



村山浅間神社 2016/3/9-10


木曽寝覚の床(1)2015/9/12


木曽寝覚の床(2)2015/9/13


大モミ伐採 2015/8/28


篠ノ井線 2015/1/20


中央線 2014/7/16

 
 

チャンネル登録はコチラ

調和のとれたリギングシステム Compatible Rigging System

僕は「調和のとれたリギングシステムとは?」という課題を考えています。イギリスではリギングの道具については教えてくれましたが、樹木/クライマー/ 道具/作業方法といった要素のコーディネーションは教えてくれませんでした。しかし何とも興味をそそられる課題ではないでしょうか。この4つの要素につい て考えてみたいと思います。
 I began to think about 'compatible rigging systems' these days.  We learn about equipment in England but 'compatible' includes tree, climber, equipment and method of rigging.  What an interesting subject, I will write about those four elements.  


調和のとれたリギングシステム Compatible Rigging System
1 樹木 Tree

2 クライマー Climber
3 道具 Equipment
4 作業方法 Method




これらの要素はお互いに影響しあっています。必ずしも優先順位が1から4までこの順番に従うとは限りません。
 Each element affects the other and management should not neccessarily follow the elements in a 1,2,3,4 direction. 

作業計画を立てるときは常に樹木の事 から出発します。まず樹木の健康状態を調べそれに基いて作業計画を作って行きます。樹木の構造、健康状態、強度と材質と共に、回りの地面に何があるかと云 う事も剪定やリギングの方法を決定する要素になります。
 A Job plan will always take the TREE as a starting point.  We should look at the health of the tree and make decisions about the Work Plan for the job specification based on this.  Tree structure, health, strength and timber qualities as well as any obstacles within the drop zone will dictate the pruning or rigging method. 

 

作業計画が決まったらその作業をこな す技能のあるクライマーを選びます。
 We must then choose a suitable CLIMBER with a skill level compatible with the proposed work plan.

道具の選択と作業方法はいくつものポ イントを考慮した上で決めていきます。先に決めた作業計画を再度チェックして最適なリギング方法を選びます。動荷重をかけるか静荷重をかけるか両方かける か?ロープは早く送るか遅く送るか?ロープ/スリング/ロアーリングデバイスの幅広い選択肢があるおかげで状況に即した道具選びが出来、安全で効率的な作 業を組み立てられるようになりました。
 The EQUIPMENT choice and Method are dictated by several considerations.  The initial tree survey should be checked when deciding upon a suitable rigging method.  Will we be Dynamically or Statically rigging or both?  Will we be running ropes Fast or Slow.  Having a wide selection of ropes, slings and lowering devices will aid in the safety and efficiency of the Work Plan and we can choose EQUIPMENT accordingly. 

複数の道具を組み合わせてリギングシ ステムを構築する時にはルールがあります。
 We must follow rules when combining EQUIPMENT into a rigging system.  Here are some of them. 


例えば、 ロープはシステムの中で一番強度の弱いものである事。作業中に万一システムの一部が破壊されてしまった場合、壊れた鉄片で首をちょん切られるよりは切れた ロープに当って腕が折れた方がましではないでしょうか。
 The Rope should be the weakest component.  If a manoeuvre goes wrong and an element in the rigging system breaks it is better to suffer a broken arm from a snapping rope than be decapitated by a piece of steel. 

プーリーやロアーリングデバイスを使 う時、ロープの最適な曲率を考慮します。メーカー推奨の曲率を調べて自分の使うリギングシステムに当てはめて下さい。14mmロープはミドルサイズのポー タラップを使ってミドルスピードで吊り下げるのには適していますが、速いスピードで吊り下げねばならない時にはロープ表面を溶かしてしまいます。この場合 はGRSCの大きなアルミ製の筒かTreeworkerのフリクションチューブが適しています。
 There must be a suitable Bend Ratio at the pulley and lowering device and by suitable I mean CHECK MANUFACTURERS RECOMMENDATIONS and put these figures into your proposed rigging method.  A 14mm rope may be suitable on a mid size portawrap for running pieces at mid speeds but when you have to let pieces run very quickly you will find the rope glazing.  The large aluminium bollard on the GRCS or the Treeworker Friction Tube would be a better choice in this instance. 

ほとんどのアーボリストが10:1の 安全率を取って作業をしていますが、それならまずロープが切れる事はありません。破断強度4t のロープには最大400kgの荷重をかけるように考慮するわけです。動的な吊り下げがリギングでは普通に行われていますが、その場合にかかり得る荷重とそ れがシステムにかける負担をしっかり考えなければなりません。
道具の管理と手入れはリギングでは非 常に大切な要素です。日本においてリギング講習会が成長してきたことは喜ばしい事です。リギングについて学び訓練する事を通じてクライマーがリギングシス テムにおいて最重要な要素になるのです。熟練した技能が安全で効率的で経営的に成り立つ仕事を作るのです。
 Most people rig with a 10:1 safety factor on their ropes and it keeps us far away from the possibility of snapping a rope.  If a rope is designed to break at 4000kg then we would assign a 400kg Safe Working Load when working.  Dynamic loading is very common in rigging scenarios and we should all be aware of the potential load forces involved and what it does to equipment.  Learning about the management and care of equipment is an important aspect of rigging practice and it is encouraging to see the growth of rigging courses in Japan.  Through study and practice climbers can become the most important part of a rigging system. Safe, efficient, flexible and commercial components with deep and inspiring craft skills.