ODSK supports your field activities from outdoor sport to professional work.   アウトドアスポーツから プロフェッショナルワークまで 全てのフィールドをサポートする アウトドアショップK
HOMEお問合せODSK実店舗紹介サイトマップ         ONLINE SHOP  ログイン | マイページカートを見るご利用案内会員登録
 

 
YouTube動画集

2017 ウッドタワー講習会


2016 アーボセミナー in 立川


2016 ウッドタワー講習会


2016 アウグスブルグ
ツリーカンファレンス



村山浅間神社 2016/3/9-10


木曽寝覚の床(1)2015/9/12


木曽寝覚の床(2)2015/9/13


大モミ伐採 2015/8/28


篠ノ井線 2015/1/20


中央線 2014/7/16

 
 

チャンネル登録はコチラ

フロッグウォーカーとロープロケット

うれしい事に現在ではアーボリスト専用の器具がデザインされ使われるようになりました。DdRTのためにクライマーたちは数多くのプルージックコードの組合わせや、ARTのように先進的フリクションコントロールシステムを開発してきました。
SRTクライマーはユニセンダーやロープレンチやヒッチハイカーを手に入れました。これらの器具はアーボリストの作業に変化をもたらしています。
 It is great that there are dedicated Arborist tools being designed and made now.  For DdRT climbing we have developed a massive choice of hitch and hitch cord combinations together with extensive friction management systems like the ART Rope Guide. 
SRTclimbers are enjoying the Unicender,Rope Wrench, and Hitch Hiker. They have breathed new Iife into the physical and conceptual challenges faced by arborists everyday. 


ユニセンダーもロープレンチも共にクローズドシステムとして考えられます。理論的にはどちらも補助器具によるバックアップは必要ありません。ペツルのアッセンションやクロールのようなオープンシェルタイプの器具はロープがカムから外れる危険性があるためバックアップを取るべきです。葉っぱや小枝もカムに挟まって滑る事もあります。
 Both the Unicender and Rope Wrench can be seen as 'closed' systems.  Theoretically they do not need to be 'backed-up' by a second device. Open-shell designs like the Petzl Ascension and Croll must be backed up as the rope can slip out of the cam. Leaf and twigs can also enter the cam and cause it to slip on the rope. The idea is that if one slips the other will not although I always am aware of what would happen if both slip.

ユニセンダーもロープレンチもツリークライミングのためにデザインされているためこれらを使って人間工学的に優れた効果的なシステムを構築する事ができます。その代表的なシステムがロープロケットとフロッグウォーカーです。
 The Unicender and Rope Wrench have been designed specifically for tree climbing and we can build ergonomic and efficient systems around them. Two such systems are the Rope Rocket and the Frog Walker. 

まずはフロッグウォーカー
 Here is the Frog Walker.....
 
トップ=Petzl アッセンション(調節可能なフットループを付ける)
ミドル=Singing Tree ロープレンチ
    DMMヒッチクライマー

    BeeLine ヒッチコード
    Tenex ルーピー(チェストハーネスとして使用)
ボトム=Petzl パンティーン
Top = petzl Ascension with adjustable footloop. 
Middle = Singing Tree Rope Wrench

              DMM Hitch Climber Pulley
              Bee Line hitch cord
              Tenex loopie as a chest harness

Bottom = Petzl Pantin. 

 

トップアッセンダーの持ち方を2通りお見せします。
まず、片手をアッセンションのハンドルに、もう一方で上方のロープを握る方法。この持ち方で、かぶさる葉や枝がカムに絡まないように退ける事が出来ます。
もう一つは、長いアッセントで疲れにくい方法です。チェストハーネスをきつく締めて体をうしろに傾けて体重を預け、両手をアッセンダーのトップにかぶせます。体力を温存するには小刻みなステップを、早く登りたい時は大きなステップを使います。
 I show two ways of holding the top ascender. With one hand in the handle and the other above on the rope the climber can push leaf and twigs away from the cam. For longer ascents it is comfy to draw in the chest harness very tight, lean back in to it and 'cup' both hands around the top of the ascender.  Use small steps to conserve energy, long steps for speed. 



それでは次に、ロープロケット
 And here is the Rope Rocket. 

 

フロッグウォーカーでは主にロープレンチより上の部分で身体を動かしましたが、ロープロケットでは全てロープレンチの下の部分で体を使います。トップアッセンダーをそのまま残し、次の道具に取り替えます。
 The frog walker has most activity above the rope wrench while the rope rocket is all below.  We can leave the top ascender and replace it with:
 
小さなフットループ
バンジー(カバーを変えて)
アッセンダー1個(写真は PetzlミニトラクションとPetzlティブロックを使っています。)
Small footloop. 
Bungee with modified cover. 
An ascender.....here I show a petzl mini traxion and a petzl tibloc. 

 

アッセンダーを取り付け左足をフットループに掛け、パンタンをロープに取り付けます。バンジーをブリッジリングに通して(体力をより温存したい人はここにプーリーを付けます。)パンティーンに掛けます。ヒッチクライマーをチェストハーネスに取り付けたら立ち上がって出発です。両手も自然に体を支えて歩くように登っていきます。
 Attach ascender, place left foot in foot loop, put rope into the pantin, pass the bungee through the bridge ring (to conserve more energy use a pulley at this point)' and clip the bungee to the pantin. Attach chest harness to hitch climber, stand and GO.   Your hands will automatically 'walk' up the rope as you ascend. 

 

ロープロケットは非常に効率の良いシステムです。僕はよりスムーズなミニトラクションがお勧めです。
 This is a wonderfully efficient system.  I opt for the mini traxion, it is smoother.

 

どちらのシステムにおいても、パンタンの穴にスナップゲート(ロックなし)カラビナを付けておくと、不意にロープが外れるのを防いでくれます。
 A tip for both systems is to clip a snap gate karabiner into the hole in the pantin, it'll stop the rope popping out when you least expect it.



つい最近までアーボリストが高い木で作業する時にはSRT専用システムとワークポジショニングシステムの共用が必要とされました。SRTで作業位置まで登ってからDdRTに切り替えていました。アーボリストの皆さんはご存知のように、一旦リギングや剪定作業を始めてからもかなりの量のロープアクセス(登下降)が必要で、それをDdRTでするのはかなりの体力が要求されます。
 Not too long ago when working on big trees an arborist would have had to carry a dedicated SRT system with a work positioning system. After accessing on the SRT system the climber would changeover to a ddrt work positioning system.  As any working climber knows, there can be an infinite amount of 'accessing' still to be done while rigging or pruning the tree and having to do this on a ddrt system can be very physically demanding. 

ロープレンチやユニセンダーを使う事によりワークポジショニングとロープアクセスが簡単にしかも一本のロープを使うのみで簡単に切り替えられるようになったのです。このシステムはよく考えられたシンプルな構造で多くのアーボリストの要求をかなえてくれるシステムだと思います。
 With the Rope Wrench or Unicender integrated into our access system we can interchange instantly between work positioning and access and with only one rope.  It is sophisticated and simple and for many arborists it makes perfect sense.