ODSK supports your field activities from outdoor sport to professional work.   アウトドアスポーツから プロフェッショナルワークまで 全てのフィールドをサポートする アウトドアショップK
HOMEお問合せODSK実店舗紹介サイトマップ         ONLINE SHOP  ログイン | マイページカートを見るご利用案内会員登録


 

 

 
 

 
YouTube動画集

2017 ウッドタワー講習会


2016 アーボセミナー in 立川


2016 ウッドタワー講習会


2016 アウグスブルグ
ツリーカンファレンス



村山浅間神社 2016/3/9-10


木曽寝覚の床(1)2015/9/12


木曽寝覚の床(2)2015/9/13


大モミ伐採 2015/8/28


篠ノ井線 2015/1/20


中央線 2014/7/16

 
 

チャンネル登録はコチラ

ゴーストテクニック Ghost Technique  (D-SRT)

ここでポールさんが紹介するのは上級者向けのテクニックです。十分な知識と経験を持ったクライマーの皆さんには参考にしていただけると思いますが、大きなリスクが伴いますので安易に真似をされないようお願いいたします。

ゴーストテクニック Ghost Technique  (D-SRT)

はじめに:アーボリストの使う略語がだいぶ分かりにくくなってきました。今後新しいシステムが登場してさらに略語が増える前に少し整理しておきたいと思います。
Acronym’s are confusing, perhaps it is best to clear the subject up before further rope systems are created.



アーボリスト略語のクイックガイダンス

DdRT=  Doubled Rope Technique(ロープを2つ折りにして使うテクニック)
2016年2月現在において最も一般的なクライミングシステム。シンプルで優雅なシステムだが仕事が複雑になってくるとトラブルを生み出す重要な欠点(クライマーの動きに応じて常にロープが動いている)がある。1本のロープを枝やリングやプーリーに通して2つ折り(Doubled)にすることからDdRTと呼ばれるようになった。
What is seen, as of december 2015, as the most common arborist rope system. Simple and elegant but with profound flaws that make it troublesome for more than the most simple tasks. The rigging is doubled over a branch, ring or pulley, thus the name….Doubled Rope Technique.

DRT=  Double Rope Technique(2本のロープを使うテクニック)
DdRTと混同して使われるが、本来は2本のロープを使うテクニック。
Commonly and mistakenly the name given to DdRT. Double means 2.

SRT=  Single Rope Technique(1本ロープ テクニック)
1本のロープを垂らして使うシステム。もともとケービング(洞窟探検)で使われており、アンカーから垂れ下がったロープをクライマーが降りてアンカーから離れていく。
A single leg (rope) system that stems from caving. The anchor is tied and the climber moves away from it.

SRT=  Stationary Rope Technique(ステーショナリー(静止した) ロープ テクニック)
同じく ”SRT” だが、最近ではステーショナリーという意味で使われることもある。DdRTも実際には1本のロープしか使わないのでロープが動くDdRTに対しロープが動かないSRTという特徴をより明確に表してしていると言える。ロープが動かないSRTには、より簡単で洗練されたアクセス/ワークポジショニングテクニックが生み出される可能性がある。
Stationary is the updated term that arborists use for single leg systems because it defines it against DdRT, a system that also only uses a single rope. Stationary Rope Technique opens new possibilities for simple and refined Access and Work Positioning.

S-DdRT=  Stationary Doubled Rope Technique(2つ折りのロープを静止状態で使うテクニック)
1) 2本の細いロープをまとめて一つのビレイデバイスに通すシステム。
 A system that connects 2 small diameter ropes together that run through 1 belay device.

2) 2本の普通の太さのロープを連結して2つ折りに掛け、垂れ下がった2つのロープエンドにそれぞれビレイデバイスを取り付けるシステム。
A system that connects 2 ordinary diameter ropes together. Each leg runs through a separate belay device.

D…?=  DはDual(2重)の意味。D stands for Dual.
独立した2本のロープにそれぞれビレイデバイスを取り付けるシステム。
Climbing on 2 distinct ropes and belay devices.

D-SRT=  Dual Stationary Rope Technique(2本のステーショナリーロープを使ったテクニック)
D-DdRT= Dual Doubled Rope Technique(2つのDdRTシステムを使ったテクニック)



 
D-SRT

 2015年11月に開催したウッドゥンハンド特殊伐採ワークショップにアメリカ東海岸から招いたエリック ウィップルさんは D-SRT(2本のステーショナリーロープを使ったテクニック)を紹介してくれました。エリックさんはSRTに非常に精通したクライマーです。『ゴーストテクニック』と名付けられたSRTの発展系テクニックD-SRTによって彼は幽霊が壁を通り抜けるように立ちはだかる大枝を通り抜ける技を見せてくれました。枝先へ移動する時、自分の体重を2つのシステムのうちのどちらか1つに移動させることでもう1つのシステムがフリーになり新しいアンカーやリダイレクトを自由にセットすることができるのです。新しいアンカーをセットする間、自分の体はもう1つのシステムによってしっかり確保されているのです。2本のロープを束ねて1つのシステムのように使うこともできれば離れたアンカーにリダイレクトして2つのシステムを分離して使うこともできます。2つのシステムはすぐれたビレイセットによって常にコントロールできるようになっています。このセットの構成は2つのコンパクトブルドッグボーンそれぞれにロックエキゾチカのナノスイベルが付けられ、さらにデルタ型スクリューコネクターによってロックエキゾチカLサイズスイベルに取り付けられてハーネスのブリッジに連結されています。これによって各システムのねじれが吸収されセット全体がねじられることなく体をどの方向にも向けることができるのです。

  In November 2015, Eric Whipple came across from the east coast of America to teach about D-SRT (dual stationary rope technique) at The Wooden Hand Tokushubasai Technical Workshop. Eric is a leading light on all ideas SRT. He has refined a system that he calls The Ghost Technique as it allows him to almost literally pass through branches. What I mean by this is that he can be in a position, toward the bench end, that gives no support for his weight, and is able to create new anchors and re-directs by alternating weight into 1 or the other system. There is always a completely safe anchor to climb on while the second line is thrown to a new anchor. The 2 ropes may be kept parallel (symmetrical) or diverge between different anchor points (un-symmetrical). All this complex re-routing of ropes is kept in check by his clever belay set-up. Eric uses 2 Compact Bulldog Bones that he has modified with a Rock Exotica Nano Swivel into the karabiner attachment point and he connects both Bones, via triangular maillon into the Rock Exotica Large Round Rotator Swivel. This set-up allows each bone to modulate left and right via the Nano swivel and also allows Eric to reorient himself underneath the 2 Bones with no twisting at the belay point.


 
https://vimeo.com/147971746

1 - コンパクトブルドッグボーン Gordon Svedberg Compact Bulldog Bone://
2 - ロックエキゾチカ ナノスイベル Rock Exotica Nano Swivel
3 - デルタ型コネクター Triangle Maillon
4 - ロックエキゾチカ Lサイズスイベル Rock Exotica Large Round Rotator

 エリックさんはこのシステムで巨大なシイノキから隣のトネリコに移りさらにその隣のヒノキに移って下りてきました。水平距離30m、高さ25mほどの空間をコントロールしながら安全に移動しました。
D-SRTの大きな利点は作業中にランヤードを使う必要がなく(すでに2つのシステムにより確保されているため)、ランヤードが無いことによって作業中に事故が起きた場合グランドワーカーが地上のトランクアンカーでロープをリリースすればクライマーを下ろすことが可能になったことです。
僕の今の仕事は100%特伐なのでトランクアンカーを使っていると切った枝がロープにからまる危険性があります。それで危険性の少ないD-SRTのクラウンアンカーについて考えたことを書いてみます。
『言うは易し』ですが一体どうやったらエリックさんのゴーストテクニックとクラウンアンカーを融合させることができるだろうか。僕は2つのD-SRTシステムのアイデアとノットブロッキングクラウンアンカーを組み合わせれば、エリックさんのゴーストシステムの便利さに近づけるのではないかと考えました。

  Eric demonstrated this technique through the crown of a huge Quercus gilva (Shi-noki) into an Ash and finally descended down a Hinoki cypress. He travelled approximately 30M laterally at about 25M height with control and safe climbing at all times. One aspect of the D-SRT technique is that it frees the climber up from having to use a lanyard. This means that in the event of an aerial accident Eric’s ground worker can, more likely than not, rescue him via a trunk belay system. As my work is 100% removal working from a trunk anchor poses many risks so I would like to write this article about designing a D-SRT crown anchor system. Simple enough but how can we utilise this idea in combination with Eric’s Ghost technique? I think a clue lies within several systems. If we combine ideas from both sides of S-DdRT with a knot blocking crown anchor we may just get close to the efficiency of Eric’s.

 
システム
システム1
2本の細いロープを重ねて使うシステム。2本のロープを合わせて1つのビレイシステムに通している。
A system that connects 2 small diameter ropes together. Both legs run through 1 belay device.

システム2
通常の太さのロープを2本セットするシステム。2つのビレイシステムをそれぞれのロープに通す。
A system that connects 2 ordinary diameter ropes together. Each leg runs through a separate belay device.

 システム1は利点はあっても欠点は少ないと思います。このシステムではステーショナリーシステムにも拘らずいつでもアンカーを回収することができます。アンカー部分で必要な強度を得るのに8〜8.7mm程度のロープが必要です。またロープと枝との擦れによる磨耗も考慮しなければなりません。もう一つの課題はロープが片側に滑りだしクライマーが落下する危険性です。それを防ぐためには器具の改良が必要になります。10mmロープが取り付けられ、なおかつ2つの独立したカムを持つことで不意の落下を防ぐような器具が適していると思うのですが。

  System 1 has many benefits and a few pitfalls. It is a stationary system but one that retains at all times the ability to anchor retrieve. The smaller diameter rope 8-8.7mm rope has borderline static strength at the apex point of the system and has questionable wear and tear capabilities through rubbing and scuffing. More importantly and dangerously there is a possibility of one side of the system opening which would send an unaware climber into free fall. It is a raw idea that needs refinement through equipment development. A belay device large enough to accept 10mm rope and with 2 independently functioning cams to stop inadvertent dropping could mean an interesting and relevant system.

 システム2は非常に異なった技術的特性を持っています。まず通常のクライミングロープを使用するため1つのビレイシステムのみを使うときの簡便性は失われますが、状況に応じて2つのシステムを独立して使うことができます。ということはアンカーを少しアレンジするだけで簡単にS-DdRTからD-SRTに切り替えられるようになります。離れた場所からアンカーを回収するにはS-DdRTで、エリックさんのゴーストテクニックを使いたい時はD-SRTに切り替えます。

  The 2nd system has a very different technical nuance. Firstly we switch to standard diameter rope so what we lose in functionality with 1 belay we gain in flexibility through the option of splitting the system in two. This means that with a little bit of rigging at the anchor we can go instantly from a S-DdRT system into a D-SRT one, retaining options for remote anchor retrieve with the former and access to Eric’s Ghost Technique, when it is needed, with the latter.

 
 
アンカー Anchor
         

 左の図はアルパインバタフライとデイジーチェーンによってロープをリングでブロックして作ったSRTアンカーです。リングは28mのDMMアンカーリングです。小径リングを使えば安全にノットでブロックできます。ロープのワーキングエンドを自分の手元にキープできるので遠隔でアンカーの回収ができます。

  The left hand shows an SRT rope that has been knot-blocked with an alpine butterfly and Sinnet chain. The ring is a 28mm DMM anchor ring, the small size allows safe knot-blocking and as the working end is in front of the belay the anchor is quickly and easily retrieved.

 右の図はS-DdRTのアンカーでロープはリングを通して動くようになっています。

  The right hand shows a Stationary DdRT system that runs through an anchor ring.

 作業性を高める簡単なテクニックに1本のDdRTロープを真ん中から切って2本にする方法があります。1本はクライミングロープとして使いもう1本は下記のような色々な用途に使い分けます。

  A simple technique is to cut a DdRT rope in half, using 1 section for a climb line and the other for additional duties which include but are not limited to:

ⅰ) 枝が混んでクラウンアンカーがセットしにくい状況でトランクアンカーへ接続するためのアンカーレッグとして Anchor leg for non-isolated access
ⅱ) レスキューラインとして Rescue line
ⅲ) トラバースラインとして Traverse line
ⅳ) D-SRTとして D-SRT

 1本の長いロープを2本に分けることにより取り回しの面倒な長いロープエンドが短くなり、その部分をより効果的に使えるわけです。2つのロープはカラビナやコネクターのような金属器具、またはノットにより連結できます。またはアンカーリングとノットブロックを一緒に使った連結も可能です。2本目のロープは離れた場所にアンカーを作りそこを通すこともできますし、おにぎりアンカー(後述)への連結もできます。

  The idea is to have a disconnecting element between 2 sections of rope that allows the climber to get the most out of rope within the system by narrowing redundant rope length down. The rope may be joined with a hard connection (karabiner/maillon), soft connection (knot) or a combination (anchor ring and knot block). Of course the second length of rope may run independently from opposing anchors or be rigged into the Onigiri anchors two rings.


 
コンパクトブルドッグボーン  Compact Bulldog Bone
 
A-トップアーム  Top Arm
B-ボトムアーム  Bottom Arm
C-チェストハーネスアタッチメントホール  Chest Harness  Attachment Hole
D-チェストハーネスアタッチメントDリング Chest Harness Attachment D-Ring
E-オリジナルカラビナアタッチメント Original Karabiner Attachment
F-ナノスイベル(Eの代わりに取り付け)Rock Exotica Nano Swivel  Modification
G1-トップゲート(ボラードがG1のリンクにはめられる) Top Gate (bollard sits between G-1 Links)
G2-ボトムゲート Bottom Gate
H-ボラード  Bollard

 
 コンパクトブルドッグボーンには3つの直径の違うボラードが取り替えられます。SサイズとMサイズは付属品、Lサイズはオプションです。サイドリンク取り替え用に割りピンが付いています。ボラードはグリップを動かしてトップアーム(G1)をリリースすれば交換できます。ロープ径やロープの性格、クライマーの体重、またはクライマーの望むクライミングスタイルに応じてボラード径を選択します。トップアーム両端のゴムは握りやすさに加えてボトムアームとの干渉を防ぎますからゴムは絶対に取らないでください。また取れて失くしてしまったら販売店に送り返して取り付けてもらってください。ロープをセットして体重を掛けたらトップアーム(G1)をゆっくり下方に引いていくと滑り出し、手を離すとストップします。手を離しても下に滑っていくようならボラード(H)を一つ上のサイズにし、またトップアームをしっかり引いても滑りにくいようなら一つ下のサイズに交換する必要があります。 ホール(C)とDリン
グ(D)はSRT時にチェストハーネスと連結しブルドッグボーンを引き上げるためのコネクターを掛けるポイントです。ただしDdRTの時にワーキングエンドをここに掛けてはいけません。

 The Bone comes with 3 bollards, Small, Medium (factory installed) and Large. There are additional cotter pins for reattaching the side links. The bollards can be exchanged to tune the grip and release on the top friction arm (G1), this accommodates different rope diameter and construction, climbers weight and preferred climbing style. The rubber at the ends of the top friction arm are designed for comfort but also keep the arms from cross-loading with the bottom arms. Never remove them and return the product to the supplier if they are missing. When the rope is installed and the Bone is weighted, slowly pull the top arm (G1) downwards to initiate release, let go to stop. If it is slipping, exchange bollards (H) for the next size larger, alternatively if it is difficult to release go to 1 size smaller. The hole (C) at mid spine and D-ring (D) is intended to advance the Bone via chest harness when climbing SRT and should never be used as a working-end attachment for DdRT.




 
おにぎりアンカー Onigiri Anchor

 SRTのクラウンアンカーではノットブロッキングが重要なテクニックです。テューフェルバーガーのプーリーセーバーに付いているプーリーの代わりに28mmアンカーリングを付け替えれば、より柔軟な技が使えるようになります。 ところで ”おにぎり” と呼んでいるのはプーリーセーバーの三角形の輪がおにぎりの形に似ているからです。

 Knot Blocking is an important technique for SRT crown anchoring and rigging the 28mm anchor rings into Teufelbergers Pulley Saver lends itself a huge amount of technical flexibility. By the way, Onigiri is a rice ball, the triangle on the Pulley saver kinda looks like one.

 
   

 食べ物ついでにもう一つ、僕は松本でプーリーセーバー工房を見つけてしまいました。確かテューフェルバーガーはオーストリアにあったと思うんだけど。(笑)

 While we are talking about food, I stumbled across the Pulley Saver factory in Matsumoto, strange, I thought Teufelberger were based in Austria !!