ODSK supports your field activities from outdoor sport to professional work.   アウトドアスポーツから プロフェッショナルワークまで 全てのフィールドをサポートする アウトドアショップK
HOMEお問合せODSK実店舗紹介サイトマップ         ONLINE SHOP  ログイン | マイページカートを見るご利用案内会員登録
 

 
YouTube動画集

2017 ウッドタワー講習会


2016 アーボセミナー in 立川


2016 ウッドタワー講習会


2016 アウグスブルグ
ツリーカンファレンス



村山浅間神社 2016/3/9-10


木曽寝覚の床(1)2015/9/12


木曽寝覚の床(2)2015/9/13


大モミ伐採 2015/8/28


篠ノ井線 2015/1/20


中央線 2014/7/16

 
 

チャンネル登録はコチラ

2015 ウィンターギア レビュー  2015 Winter Gear Review

2015 ウィンターギア レビュー 2015 Winter Gear Review

服装 Clothes
 今年の冬はもう終わったのかな? 去年に比べると今年の冬はずっと穏やかに感じたのですが、多分それは家に入れた薪ストーブと新しい仕事着のおかげなのかと思います。体を快適な温度に保てさえすれば、たとえマイナス25℃の極寒でも外にいられます。汗がしたたる暑さ、仕事の内容に応じて服を脱いだり着たりすること、もちろん極寒に凍えることは避けたいものです。

  Is the winter really over already?! It seemed far milder than last year, I guess that my new wood stove for the house and great clothing for work helped.  I don’t mind being out, even in -25 degrees. as long as I can keep warm and regulate a decent temperature, not too hot to produce sweat and a constant need to remove and put on clothing while doing different activities and certainly not too cold.


フィットウェル ビッグウォールロック Fitwell Big Wall Rock
 
 10年前にツリーワークを始めて以来、僕は色々なブーツを試してきました。チェーンソープロテクション、トープロテクション、アプローチシューズから登山靴に至るまで。そして遂にこのビッグウォールロックに巡り合いました。このブーツは登山靴のため冬の作業に向いており、そのガッチリした構造はスパイクを付けた作業に適しています。つま先部分はスポルティバのブーツに比べると広いスペースがありますが、なおかつ外側はクライミングに適した形状になっています。先端に余裕があるため作業を始めるとすぐにつま先が温かくなります。靴ひもはグローブをはめたままでもしばりやすくなっています。また柔らかいレザーのインナーがくるぶしを優しく保護してくれます。靴底も幅があって足元の悪い場所でも安定して歩けます。また柔らかい材質でクライミングにも適しています。昨年の10月以来このブーツを履いていますが、冬の伐採作業に素晴らしく適応していると感じています。

   Since beginning tree work 10 years ago I have tried many types of boot, boots with chainsaw protection, toe protection, approach style through to alpine style and I have never been quite so taken with any of them compared to the Big Wall Rock, especially for winter work It is an alpine boot and upon first wearing it is as stiff as you would expect, a good sign if you plan to spend time in spikes. The toe box is much roomier than La sportive models yet still has a slim and compact ‘climbing style’ design. The additional room means that your toes can actually warm up once you begin to move in the mornings. The lacing is simple and easy to tighten and loosen with gloves on and once tied the beautiful leather inner gives much comfort to your ankle bone. The width of the sole means that you can walk on uneven terrain without risk of rolling/ twisting your ankle. The rubber on the sole is soft and it gives you fantastic purchase while climbing. I have worn them every day since October and feel that these are just fantastic winter boots especially if you mainly do tree removals.

 
 

ファイントラック アンダーウェア  Finetrack No.1 layer

ファイントラックのアンダーウェアを使ったレアリングはビッグウォールロックに匹敵する素晴らしさです。ファイントラックのホームページにアクセスして見てもらえばより分かりやすいとは思いますが、僕の感想も書かせてください。毎日の作業で上から下までこのアンダーウェアを使ってきましたが、保温性能は抜群です。下はタイツの上にチェーンソーパンツ、上はシャツの上に厚さの違う2枚のメリノウールを着てゴアテックスのアウターシェルというレアにしています。チームの他のメンバーもそれぞれ違うレアを着ていますが一番下は皆んなファイントラックです。生地が薄く洗っても数時間で完全に乾いてしまいます。もうファイントラック無しでは生きていけませんね。
  Comparably amazing to the Big Wall Rock are Finetracks No1 layering system - I’m sure that their website will give you more insight than I hope to but let me tell you that I wear them, top and leggings, everyday ! It is the best layering system to regulate temperature that I have ever tried, the leggings with chainsaw trousers for the bottom, and I add 2 different thickness of merino wool and then a thin goretex outer for the top. My team uses different combinations above the layer 1 as each person heats quicker or has a stronger constitution for the cold but all start with the Finetrack layer 1. It is thin enough to wash and dry with a few hours. Completely amazing and I couldn’t be without them now.

 

クライミング Climbing


シンギングツリー『ロープランナー』 Singing Tree ”Rope Runner”

最初のSRTワークポジショニングツール『ユニセンダー』が登場してその後『ロープレンチ』が出た時、クライマー達はDdRTとSRTのいい所を同時に使えるのではないかということに気がつきました。ユニセンダーはプーリーが付いてないのでDdRTクライマーがヒッチクライマーシステムを使ってやれるような事はできません。ロープレンチはヒッチクライマーシステムに良くフィットします。多分今のところ一番すぐれたSRTワークポジショニングシステムではないかと思います。このシステムの中心はヒッチコードであるため安全性について色々な議論が湧き上がりました。ヨーロッパ規格のテストを通っているから大丈夫だという人もいれば、ヒッチコードやロープにセットするのが複雑すぎるから駄目だという人もいました。ロープランナーはそのような議論の中から出てきました。機械的なビレイシステムが備わったもので、ロープレンチにはなかった機能です。今までロープランナーはほんの少ない数しか紹介されていませんでしたがツリースタッフで正式にプレオーダーを始めました。https://www.treestuff.com/store/catalog.asp?category_id=232&item=14569
ロープランナーのデザインを他の器具に当てはめてみると、上半分がロープレンチの機能を担当し下半分がヒッチハイカーの機能を持っているように感じます。上部の『バード(鳥)』と呼ばれる部分を下げると下降が始まります。この部分のボルトの位置がロープ径やクライマーの体重に合わせて調節でき、摩擦を増減させます。上るときはロープランナーが折れてロープへの摩擦がなくなり体重を預けるとバードのスプリングが効いて体をしっかり確保してくれます。2本のロッキングスリックピンを外せばロープの途中へのマウントが可能です。そしてプーリーのおかげでクライマーはスムーズに動くことができます。
The first SRT work positioning tool was Morgan Thompson’s Unicender, then along came the Rope Wrench and climbers began to realise that they could find benefits of Ddrt and SRT climbing together. You see, because the Unicender has no pulley you cannot do things, achievements of movement that Ddrt hitch climber climbers are doing. The Rope Wrench fit so beautifully into the hitch climber system and at a guess it became the best single rope work positioning system available. The hitch cord is central to it and this brought many conceptual and real safety concerns that some people felt could be addressed through testing to european standards and that others felt should not be addressed because of the complexity in applying hitch cord and rope. The Rope Runner was born out of these concerns, it was a desire to mechanically integrate a belay system where the Rope Wrench could never hope to. It has been around in small quantities for a while now and this month saw it’s first official sales through Treestuff.com.https://www.treestuff.com/store/catalog.asp?category_id=232&item=14569 Looking at the design and comparing it to things we know and have used you can see that friction is applied with a type of rope wrench at the top and a type of hitch hiker at the bottom. The top of the device, the ‘bird’, is pulled down to activate descent. The top bolt can be moved to accommodate rope size and climber weight, moving it in creates more friction. When ascending the Rope Runner collapses to make a frictionless upward movement and the spring at the bird activates to hold the climber stationary. The design incorporates 2 double locking slic pins for mid line attach-ability and of course a pulley to ensure that climbers can move as fluidly as possible.



 

スプライシング Splicing
 

ナイフ Knife

Kさんが形の美しいナイフを仕入れてくれました。その優れたデザインと仕上がりの良さが僕の好奇心を掻き立ててくれました。このナイフはセラミック製ブレードで非常に切れ味が良く、ダイニーマも柔らかなバターのように簡単に切ってくれます。他にもセラミック製ナイフを何本か持っていますが、このナイフにはとてもかないませんので数年後には捨てられる運命でしょう。このナイフにはマーリンスパイクが付いています。それも先端が非常に滑らかに仕上がっていて、これもブライアントスのスパイクを駆逐してしまいそうです。そして手のひらによく馴染みます。6mm〜24mmとどのサイズのロープにも使えます。
K san bought in this beautiful looking knife recently and the high design and well made aspect piqued my curiosity. The knife has a ceramic blade that is very sharp, it cuts dyneema like soft butter. I have several other ceramic cutting products that perform no where near as well, they sit in a box, waiting to be thrown away in a few years time after never being used! The knife also has a marlin spike that is perfectly tapered, even more so than my Brion Toss spike. It sits very nicely in hand and can be used from 6mm to 24mm.