ODSK supports your field activities from outdoor sport to professional work.   アウトドアスポーツから プロフェッショナルワークまで 全てのフィールドをサポートする アウトドアショップK
HOMEお問合せODSK実店舗紹介サイトマップ         ONLINE SHOP  ログイン | マイページカートを見るご利用案内会員登録


 

 

 
 

 
YouTube動画集

2017 ウッドタワー講習会


2016 アーボセミナー in 立川


2016 ウッドタワー講習会


2016 アウグスブルグ
ツリーカンファレンス



村山浅間神社 2016/3/9-10


木曽寝覚の床(1)2015/9/12


木曽寝覚の床(2)2015/9/13


大モミ伐採 2015/8/28


篠ノ井線 2015/1/20


中央線 2014/7/16

 
 

チャンネル登録はコチラ

SRT アンカー (SRT バンザイ)  SRT Anchor (Hooray for SRT )

SRT アンカー (SRTバンザイ) SRT Anchor (Hooray for SRT)


 SRTアンカー設置はアクセス、ワークポジショニング、トラバースの全てに関連した戦略です。SRTクライマーはDdRTクライマーと比べ使う器具が少なくて済みます。SRTではクライミングロープがアンカーの一部になるからです。アンカーのあるものはカラビナを使いますが、それはクライマーがアンカーの近くにいる時だけで、クライマーがアンカーから離れる場合にはノットだけで作った方がより安全です。離れた場所から回収できるものもあれば、できないものもあります。DdRTアンカーの方がシンプルですが用途は限られます。SRTアンカーはより複雑ですがもっと自由になれます。
SRTバンザイ!
 SRT anchoring is a strategy that contains Access, 
Work Positioning and Traversing movement. SRT climbers do not need extra equipment like Ddrt climbers do because SRT climbers integrate anchors into their climb line. Some anchors incorporate karabiners so are safer when the climber is close to them, others, tied with knots, allow the climber to safely move far away from them. Some are retrievable and others are not. Ddrt anchoring is simple and limiting. SRT anchoring is more complex and a lot more liberating.
Hooray for SRT.

SRTクライマーはSRTロープの使い方を追求しようと日々探求しています。一本のSRTロープがより安全なクライミングとワークポジショニングの可能性をクライマーに与えてくれます。下図の緑と青の線は、赤い線をたどるクライマーが到達する可能性を表しています。
 Day by day SRT climbers are finding more uses for the stationary aspect of the SRT rope. 1 SRT rope gives the climber many options for safe climbing and work positioning. The green and blue lines in the diagram show possibilities for the red line.


1 トランクアンカー Trunk anchor

2 ナチュラルクロッチを使った荷重分散 Natural load sharing re-directs

3 ワーキングアンカー  Working anchor

4 & 4a 一時的なアンカーを使ったトラバースライン Traverse line with temporary anchor

5 & 6 荷重移動しているリダイレクト Load-transfering re-direct

7 回収可能なリダイレクト Retrievable re-direct


安全なアンカー設置のために習うべきこと考慮すること Things to learn and think about
ノット - 「ノットには半分正しいということはない。正しいか全く間違っているかだ。」クリフォード.アシュレイ
 Knots - A knot is never tied half right. It is either tied correctly or disastrously wrong. - Clifford Ashley

必要なノット Learn to tie:
ダブルループ Double Loop
ランニングボーライン Running Bowline
アルパインバタフライ Alpine Butterly
スキャッフォールドノット Scaffold Knot
ツェッペリンベンド Zeppelin Bend
ヨーロピアンデスノット EDK (European Death Knot)
ダブルフィッシャーマン Double Fishermans
器具 Hardware -
アンカーリング 34mm と 40mm
Anchor rings - 34mm and 40mm.
トリプルロックカラビナはクライマーの目の届く場所で使う分には十分安全である。それでは4段オートロックがあればアンカーから離れても十分安全か?それよりカラビナを使わない方がいいのでは?と考えるわけです。
 Triple locking karabiners keep the climber safe at a close distance. How about quadruple locking karabiners, are they safe enough to be out of sight or should we remove karabiners from the anchor?
場所 Locations -
幹の根元  Bottom Trunk,  幹の上部  High Trunk,  樹冠  Crown.
木の種類 Tree Type -
木の太さと樹皮の質感=摩擦の大きさ
Size of tree and type of bark = amount of friction.

設置 Configurations -
新しいアンカーシステムを考える時、設置には一定のルールに従う必要があります。
 New anchor ideas must follow certain base lines for good configuration.

1- カラビナには横の荷重を絶対に掛けない
 Karabiners must never be side loaded.

2- ツリークライマーはアンカーに体重を掛けたり外したりします。ということはアンカーが動くわけです。アンカーは 動いても危険な荷重が掛かったり緩んでしまってはいけません。
 Tree Climbers weight and then un-weight their anchors, this means MOVEMENT at the anchor. Anchors must be free to move without unsafe loading of their components or becoming loose.

3- アンカーはクライマーの視界内に常にあるわけではない。
 An anchor is either in-sight or out-ofsight.

4- 皆から信頼され、強度がプリントされた器具のみを使いましょう。
 Only reputable and strength stamped 
components should be used.




 

戦略 Strategy
 仕事の内容や木の種類によって異なる結び方があります。クライマーが今どこにいて、どこに行きたいかによってどのアンカーを使うかを決めます。木の形態や健康状態によっても変わってきます。
 There are different tying methods for different tasks 
and different trees. Where the climber IS and where they want to GO TO influences anchor choice. So does the trees morphology and state of health/strength.


リスクアセスメント Risk Assessment
 クライミングのリスクアセスメントはアクセスとワークポジショニングで大きく2つに分けられます。

アクセスは主にワーキング用アンカーポイントを得るまでの最初の垂直上昇のことを指します。アクセスラインは仕事の邪魔になってはいけません。ですからワークポジショニング用トランクアンカーシステムはそこまで考えて設置しなければなりません。
 A climbing risk assessment should be split into 2 categories, that of Access and Work Positioning. Access refers to the initial upward movement to obtain the working anchor point. The access line should not be allowed to interfere with the working process. This means that work positioning trunk anchor systems must be considered carefully.


各種アンカー ANCHOR EXAMPLES


トランクアンカーシステム TRUNK ANCHOR systems
 幹の根元にアンカーを結ぶことはSRTクライマーに様々な利点をもたらします。ロープを1本の枝に独立して掛ける必要がないので設置が非常に楽になることです。木の上に器具を付けていないため回収も簡単です。
 Tying the line to the bottom of the trunk brings many benefits to SRT climbers. It is easy to install because the climber need not isolate 1 branch and it is easy to retrieve because their is no hardware in the tree.

 しかし欠点もあります。ロープが何本かの枝を通ってくると目で見えにくくなり、注意しないと作業ゾーンを横切ってしまっていることもあります。
 There are disadvantages, a line that runs through many parts of the tree will become out of sight and can inadvertently enter the working and cutting zone.

 ロープが幹にしっかり締められていること、作業ゾーンからしっかり離れていることを確認してからトランクゾーンを設置してください。
 Set your trunk anchor carefully so that the anchor leg either runs tight to the trunk or far away from the work zone.


ワーキングエンド トランクアンカー Working End Trunk Anchor


使用するもの Components
30mm または 40mm のアンカーリング 34 or 40mm anchor ring
スキャッフォールドノット - DMM ダブルアクションカラビナ Scaffold knot - DMM Durolock karabiner

設置方法 Configuration
ワーキングエンドをスキャッフォールドノットでアンカーリングに縛る。ロープを幹に一周させてからバイトにしてリングに通しそこにカラビナを掛ける。
  Tie the working end to the anchor ring with a Scaffold knot. Take a wrap of line around the trunk, pass a bight through the ring and install the karabiner.


注意点 Consideration

ロープをたるみなくしっかり張ること。細くて樹皮が滑りやすい木にはロープを2巻きする。
  Make sure that the rope has been pulled tight. Thin and smooth barked trees will need 2 wraps.
 


2
使用するもの Components
ダブルループ ランニングボーライン Double loop running bowline

設置方法 Configuration
ロープを幹に一周させてからダブルループ ランニングボーラインで締めつける。

 Take a wrap of line around the trunk and tie the Double Loop Running Bowline.

注意点 Consideration

ロープをたるみなくしっかり張ること。細くて樹皮が滑りやすい木にはロープを2巻きする。
 Make sure that the rope has been pulled tight. Thin and smooth barked trees will need 2 wraps.
 

 



ミッドライン トランクアンカー Mid Line Trunk Anchor


1
使用するもの Components
40mm アンカーリング - ミッドライン ガースヒッチ - シネット(デイジー)チェーン+ハーフヒッチ - トリプルロックカラビナ
 40mm anchor ring - midline girth hitch - sinnet chain and half hitch - triple locking karabiner

設置方法 Configuration

リングをガースヒッチで固定し、ロープを幹に一周させてからリングにシネットチェーンで縛りエンドをハーフヒッチとカラビナで止めて抜け防止をする。
 Girth hitch the ring, take a wrap of line around the trunk, tie the sinnet chain to the ring and secure the end with half hitch knot and karabiner.


注意点 Consideration
ロープをたるみなくしっかり張ること。細くて樹皮が滑りやすい木にはロープを2巻きする。
 Make sure that the rope has been pulled tight. Thin and smooth barked trees will need 2 wraps.
 

 


設置方法の詳細はこちら Here is how to tie it….
 

 



クラウンアンカーシステム CROWN ANCHOR systems


1
使用するもの Components
ダブルループ ランニングボーライン
 Double loop running bowline


設置方法 Configuration
ワーキングエンドを枝に回しダブルループ ランニングボーラインで縛る。
 Pass the working end over a crotch and tie the double loop running bowline.


注意点 Consideration
このノットは荷重が掛かっていないときは簡単に開いてループが滑り落ちるので、枝又でない場所では2巻きにして滑り落ちるのを防ぐこと。ノットからテイルを2mほど垂らしておけばアンカーまで登り直さずに回収できる。
 The cinching aspect to this knot is easily opened when the line is unweighted, causing the loop to slip down, if there is no crotch then wrap the line twice around the stem. The knot can be feasibly tied with a 2M tail hanging out of the knot for short distance retrieving.


2
使用するもの Components
アルパインバタフライ Alpine Butterfly


設置方法 Configuration
ワーキングエンドを枝に回してからスタンディングエンド側にアルパインバタフライノットを縛り、ワーキングエンドをそこに通す。
 Pass the working end over a crotch, tie an alpine butterfly in the standing end and pass the working end through it.

注意点 Consideration 

このノットは荷重が掛かっていないときは簡単に開いてループが滑り落ちるので、枝又でない場所では2巻きにして滑り落ちるのを防ぐこと。
 The cinching aspect to this knot is easily opened when the line is unweighted, causing the loop to slip down, if there is no crotch then wrap the line twice around the stem.


3
使用するもの Components
アルパインバタフライ、ピントプーリー、トリプルロック カラビナ
 Alpine butterfly, Pinto pulley, triple locking karabiner.


設置方法 Configuration
ワーキングエンドを枝に回してからスタンディングエンド側にアルパインバタフライノットを縛り写真のようにピントプーリーをカラビナで取り付ける。
 Pass the working end over a crotch, tie an alpine butterfly in the standing end and attach the pinto pulley and karabiner as shown.


注意点 Consideration
このノットは荷重が掛かっていないときは簡単に開いてループが滑り落ちるので、枝又でない場所では2巻きにして滑り落ちるのを防ぐこと。カラビナはノーズ(ゲートが開く側)を下向きでゲートを外向きに取り付けること。(木の表面やロープに当たってゲートが開くのを防ぐため。)
 The cinching aspect to this knot is easily opened when the line is unweighted, causing the loop to slip down, if there is no crotch then wrap the line twice around the stem. The karabiner must be positioned with the nose pointing down and the gate pointing out.
 


ハイ トランクアンカーシステム HIGH TRUNK ANCHOR systems

1
使用するもの Components

34mm アンカーリング、トリプルロックカラビナ2個、スキャッフォールドノットまたはスプライス
 34mm anchor ring, 2x triple locking karabiners, scaffold knot or splice.


設置方法 Configuration
ロープをリングにスキャッフォールドノットで縛る。ロープをバイトにしてリングに通し反対向きにしたカラビナ2個をそこに掛けてロープを引いて締め込む。
 Tie a scaffold knot to the ring, pass a bight through the ring, pull tight and install 2 opposed karabiners.


注意点 Consideration
どちらのカラビナもノーズを下向きにする。ノーズが上向きだとゲートが開く可能性が高くなる。バイトを後ろから入れた方が自然に感じるだろうが、これだと回収のためロープを下に引いた時にリングがロープに押し付けられて引き出せなくなってしまう。ロープエンドをカラビナに縛っておくとアンカーを下から回収できる。
 Both karabiners should have a downward facing nose. Opposing the gates lessens the chance of them opening. It feels

natural to push the bight from the back of the ring but this makes retrieving difficult or impossible as the retrieving force squashes the ring on to the rope. Tie the end of the rope to the karabiner to retrieve.
 


 

2
使用するもの Components
アルパインバタフライ、ピントプーリー、トリプルロックカラビナ
 Alpine Butterfly, Pinto pulley, triple locking karabiner.

設置方法 Configuration
ワーキングエンドを枝に回してからスタンディングエンド側にアルパインバタフライノットを縛り写真のようにピントプーリーをカラビナで取り付ける。

 Pass the working end over a crotch, tie an alpine butterfly in the standing end and attach the pinto pulley and karabiner as shown.


注意点 Consideration
このノットは荷重が掛かっていないときは簡単に開いてループが滑り落ちるので、枝又でない場所では2巻きにして滑り落ちるのを防ぐこと。カラビナはノーズ(ゲートが開く側)を下向きでゲートを外向きに取り付けること。(木の表面やロープに当たってゲートが開くのを防ぐため。)
 The cinching aspect to this knot is easily opened when the line is unweighted, causing the loop to slip down, if there is no crotch then wrap the line twice around the stem. The karabiner must be positioned with the nose pointing down and the gate pointing out.
 


3
使用するもの Components
ダブルループ ランニングボーライン
 Double loop running bowline


設置方法 Configuration
ワーキングエンドを枝に回しダブルループ ランニングボーラインで縛る。
 Pass the working end over a crotch and tie the double loop running bowline.


注意点 Consideration
このノットは荷重が掛かっていないときは簡単に開いてループが滑り落ちるので、枝又でない場所では2巻きにして滑り落ちるのを防ぐこと。ノットからテイルを2mほど垂らしておけばアンカーまで登り直さずに回収できる。
 The cinching aspect to this knot is easily opened when the line is unweighted, causing the loop to slip down, if there is no crotch then wrap the line twice around the stem. The knot can be feasibly tied with a 2M tail hanging out of the knot for short distance retrieving.


4
使用するもの Components
アルパインバタフライ Alpine Butterfly


設置方法 Configuration
ワーキングエンドを枝に回してからスタンディングエンド側にアルパインバタフライノットを縛り、ワーキングエンドをそこに通す。
 Pass the working end over a crotch, tie an alpine butterfly in the standing end and pass the working end through it.

注意点 Consideration 

このノットは荷重が掛かっていないときは簡単に開いてループが滑り落ちるので、枝又でない場所では2巻きにして滑り落ちるのを防ぐこと。
 The cinching aspect to this knot is easily opened when the line is unweighted, causing the loop to slip down, if there is no crotch then wrap the line twice around the stem.
 


2本のロープの連結 JOINING ROPES

段取り時の判断ミスからロープの長さが足りなくなる場合があります。そんな時はロープを継ぎ足せばリスクを回避できます。下記の3つの連結方法できちんと縛れば安全です。
 There are times when you mis-judge the tree and rope length compatibility or feel that adding extra length at the bottom trunk anchor may abate certain risks. The following three knots, when tied well, are safe to use.


1
ダブルフィッシャーマンは一番確実なノットですが、解く時にマーリンスパイクが必要なほどしっかり締まります。
Double Fishermans knot is the most secure because it tightens so strongly. You may need to use a marlin spike to untie it.


2
ヨーロピアン デスノットまたはEDK。見た目が簡単すぎてこの名前が付いていますが、ロープエンドを長めに(80cmほど)出せば十分に安全です。ノットが小さくなるので枝又が通りやすくなります。
 The European Death Knot or EDK so called because it looks non-professional. When tied correctly with long tails (80cm) it is perfectly safe and has a low profile that makes it pass through crotches easily.
 
 

3
ツェッペリンベンドもノットが小さくなります。安全のためロープエンドは最低60cmほど出しておきます。
The Zeppelin Bend also has a low profile, tie with tails of at least 60cm.