ODSK supports your field activities from outdoor sport to professional work.   アウトドアスポーツから プロフェッショナルワークまで 全てのフィールドをサポートする アウトドアショップK
HOMEお問合せODSK実店舗紹介サイトマップ         ONLINE SHOP  ログイン | マイページカートを見るご利用案内会員登録
 

 
YouTube動画集

2017 ウッドタワー講習会


2016 アーボセミナー in 立川


2016 ウッドタワー講習会


2016 アウグスブルグ
ツリーカンファレンス



村山浅間神社 2016/3/9-10


木曽寝覚の床(1)2015/9/12


木曽寝覚の床(2)2015/9/13


大モミ伐採 2015/8/28


篠ノ井線 2015/1/20


中央線 2014/7/16

 
 

チャンネル登録はコチラ

Teufelbergerマルチスリングを使ったSRTリダイレクト SRT re-directs with the Teufelberger Multi-sling

キーワード:リダイレクト, 荷重分散, 荷重移動, 回収可能, バイト, リボルバー, センティネル, マルチスリング, 機械的倍率, モーメント, たるみ処理, 爪先の操作, 足がかり, くるぶし
 Key words : Re-direct, Load Share, Load Transfer, Retrievable, Bight, Revolver, Sentinel, Multisling, Mechanical Advantage, Moment, Slack Tending, Toe Roll, Purchase, Ankle.

Teufelberger マルチスリングを使ったSRTリダイレクト
 SRT re-directs with the Teufelberger Multi-sling 

 マルチスリングは色々な使い方ができます。最近ニュージーランドのあるクライマーが非常に面白い使い方を紹介してくれました。
 The Multi-Sling has many uses and a new one has popped up from a New Zealand climber and it is awesome!

リダイレクトをする時こんな感じに考えてみましょう。
 Think about your re-directs like this.

1.荷重分散をした方がいいか、荷重移動をした方がいいか? 荷重分散とはクライマーの体重をエイペックスアンカーとリダイレクトアンカーの2カ所で支えることです。荷重分散は便利なのですが、ロープの作る角度や木の強度不足また作業の内容によっては荷重を移動してしまった方がより安全な場合があります。荷重移動ではクライマーの体重がリダイレクトアンカーに100%移動し、そこがメインアンカーになります。
 Do you need to load share or load transfer? Load share means that the climbers weight will draw the 2 points, apex and re-direct, together. Sometimes this is fine but rope angles, tree strengths and job specification may mean that load transferring is a safer option. Load transferring moves 100% of the climber to the new point, in a sense the ‘re-direct’ becomes the main anchor.

2.アンカーを離れた場所から回収できた方がいいか? 地面や樹上の離れた場所からアンカーを外せた方が都合よい場合があります。
 Do you need retrievability? Sometimes retrieving from the ground or within the tree can be a great way to save time and bother.

荷重分散のセットアップ Setting up the Load Share

A - DMM センティネル(カラビナ) DMM Sentinel
B - DMM リボルバー(カラビナ) DMM Revolver
C - Teufelberger マルチスリング Teufelberger Multisling

i) センティネルを枝又にまわしてメインアンカーの方向に向けクライミングロープに掛ける。
 Pass the Sentinel over the crotch toward the main anchor and clip it to the line.

ii) クライミングロープにバイトを作りリングに通してからそこにリボルバーを掛ける。リボルバーを回してプーリーをバイトに持ってくる。
 Pass a bight of rope through the ring and clip the Revolver into the bight. Keep the Revolvers pulley in the bight.

iii) バイトの長さを調節してたるみを取ってからゆっくりとこのリダイレクトアンカーに体重を掛ける。
 Adjust the rope at the bight to balance the rope and then carefully transfer your weight into the redirect.

  

荷重移動 Load Transfer

iv) バイトをゆるめてエイペックスとリダイレクトの間にたるみを作る。
 Re-adjust the bight so that there is slack between the apex and the re-direct.

v) センティネルをリングの下に掛ける。ロープが自重で滑り出すようならリボルバーを回しプーリーをロープから外して摩擦を増やす。センティネルは回転してリングがその狭くなった部分で止まって押し付けられます。
 Clip the Sentinel underneath the Anchor ring. If the rope begins to run through at the bight then turn the Revolver around to increase the friction. Notice that the Sentinel has been turned around so that the anchor ring presses against the thinnest opening of the karabiner.

 
 

回収 To retrieve

vi) (このアンカーから離れる前に)クライミングロープのスタンディングエンドまたはもう一本のロープをリボルバーに取り付けておきます。
 Attach the standing end of the line or a separate rope to the Revolver.

vii) 回収時はそれを使いバイトを自分の方に引き寄せて、リボルバーをバイトから外します。ランニングエンドを引きバイトをリングから外せば、センティネルがロープを滑ってマルチアンカーが回収できます。最高のリダイレクトシステムの登場です!(これを発展させた回収可能な 3:1 システムは次の章『目的地に到達』で紹介します。)
 Pull the bight toward you, un-clip the Revolver (or whatever equipment is installed) and pull the bight through the ring to retrieve. The Sentinel will run down the rope right back to you. Bingo-Bango……the worlds best re-direct! (If you want to get fancy turn it into a retrievable 3:1 system, see next chapter ‘Getting There’.)



 


目的地に到達 Getting There

2:1(DdRT) システムの素晴らしさは、上りにくい形の枝をよじ登る時に特に発揮されます。このシステムは最初から機械的倍率を 2:1 に作るので自分の体を容易に引き上げて楽なポジションを作ることができます。ほとんどのツリーワークはこのシステムだけでこなすことができます。1:1(SRT) システムには機械的倍率がないため同じ状況ではもっと手こずることになります。しかし体の動かし方や道具のセットを変えてそのような状況を切り抜けることはできます。ここで留意すべきことは、2:1は1:1に変更することはできますが、反対に1:1から2:1への変更はできないということです。1:1で困難な状況を切り抜けるには3:1に変更しなければなりません。
 The great thing about the running aspect of 2:1 systems is that they help a lot when climbing up awkward shaped branches, the in-built 2:1 mechanical advantage can easily pull you into suitable positions and for many climbers it is great system for most aspects of tree work. 1:1 climbers can struggle with the big change in having no in-built mechanical advantage but there are simple techniques related to body movement and equipment application that help immensely. Remember, a 2:1 system can be changed into a 1:1 system but not the other way around, the 1:1 system must be converted to 3:1 when running mechanical advantage is needed.


1:1(SRT)
1:1システムでは体のポジションを変えたりたるみを取る時に、常に自分の体重を100%引き上げなければならないと思いがちですが、体の使い方を少し変えればもっと楽になります。1:1システムの動きは体重を少し抜いてやることから始まります。するとロープを伝わってアンカーポイントに掛かる荷重も抜けます。そうすれば腕と脚の動きを調和させてテコの力で重心を容易に移動することができます。場合によってはランヤードも使って振り子のような動きをし、その慣性モーメントを利用することもできます。
 Rather than assuming one must PULL ones own weight with shoulder and elbow when changing position or slack tending the 1:1 climber benefits from a different concept of movement. 1:1 movement usually begins with a slight withdraw of mass to the harness which transfers to the anchor point through the rope and a then manipulation of the climbers centre-of-gravity with harmonious leg and arm movement creates a leveraging MA. In some cases the lanyard can be used to generate a pendulum like movement which creates a ‘moment’ that can be fed into the belay system.


2:1(DdRT)
『Oリグ』というシステムで、ロープのたるみを自動的に取りながら両手で体を引き上げ、さらにヒッチクライマーシステムの位置をよりロープを引きやすい位置に調節できるセットを作ることができます。ロープににルースアイがある場合はスプライスのネックの位置がハーネスのOリングに重ならないように注意してください。Oリグの位置調節はクライマーの体重がシステムにしっかり掛かっている時でもできます。この『Oリグ』システムを保持するためにワイルドカントリーの『ロープマン』のような小型ロープグラブを使います。
 The O-Rig allows the climber to benefit from the comfortable 2-handed body thrust but with automatic slack-tending and is adjustable to form a hitch climber hand-overhand system. Notice the long eye-splice, when formed in close the splice neck shouldn’t be bent around the bridge ring. The O-rig can be adjusted while the climbers weight is in the system. A Wild Country Ropeman can be used to control and hold the ‘O’.



 

3:1
1:1に『リボルバー』カラビナ、ミッドラインノット、ピントプーリーを付け足せば 3:1 システムを作ることができます。下図はミッドラインノットの代わりにマルチスリングのリダイレクトを利用した3:1システムが表示されています。この図をみれば『バイト』が回収するために必要なことがよく分かります。1:1システムのロープ上に前述の器具を使って3:1をセットすればミッドラインノットから離れていても回収はできませんがいつでも1:1システムに戻すことができます。2015年にはアウトドアショップKでSRT2(上級)コースを企画し、このシステムや他の使えるセッティングを紹介していく予定です。
 This 3:1 can be formed with a Revolver karabiner, midline knot and pinto pulley but here is a drawing of it formed through the Multi-sling re-direct. You can see how the Multi-sling ‘bight’ means that the system is retrievable. When set-up with the aforementioned equipment on the 1:1 line it can be easily dismantled and turned back into a 1:1 at any distance from the midline knot, not retrievable but revertable. This year (2015) Shop K and I will look at this and other interesting ideas and techniques in the new SRT2 workshop, please contact K san for details and dates.





靴について Boots
クライミングに適した靴を選べば微妙な動きを可能にしてくれます。靴の中で足はできるだけ動かない方がいいのですが、足の微妙な動きをしっかり伝えてくれる靴が理想です。クライマーの体と木を直接結ぶ最初の部分は足首なので、足首がより自由に動かせる靴の方がいいのです。
 Correct boots give sensitivity to slight movement, the foot should not roll within the boot but rather the boot should respond to slight changes with the foot. Because our ankle is the primary connector between ourselves and the tree it should be free to move and flex as normal.

靴にはクライミングの3つの基本的なポイントをこなすことが求められます。
 The boot must perform 3 basic climbing movements.

1. 爪先の操作ー幅広で甲高な靴先の場合は足が左右に簡単に動いてしまいます。スポルティバの『ボルダーX』のように靴先が足に密着する靴の方が調子良く、特に足がかりが狭い場合に微妙なコントロールができます。
 Toe Roll - The foot, being unhindered by a high or outward splaying platform, must easily rotate left to right at the toe. A low platformed boot like the La Sportive ‘Boulder X’ performs well and also gives sensitivity when using small purchase areas.

2. 足がかりー柔らかいゴムで出来たソールはクライミングブーツには必要不可欠と言えます。ユニークなデザインのフィットウェル『ビッグウォールロック』などは非常に柔らかいソールを持っています。(より軽いアプローチ用の『ビッグウォール』より更に柔らかいソールです。)柔らかいソールは狭くてでこぼこした足がかりに非常に威力を発揮します。
 Purchase - Soft rubber at the sole is a pre-requisite for good climbing boots. An interesting design aspect with the Fitwell ‘Big Wall Rock’ is the softer rubber sole, even softer than the lighter approach style ‘Big Wall’ and this helps immensely when using the toe on small undulating purchase areas.

3. くるぶしーくるぶしは靴で保護されていたとしても自由に動かせることが必要です。下のリストに掲載した靴の中で重いものは爪先をチェーンソーからしっかり保護し厚いソールがスパークライミングを楽にしてくれますが、くるぶしの自由度は減ります。特に靴紐で締めこむタイプのものはくるぶしを固定してしまいます。スポルティバ『トランゴ S Evo gtx』は重量級の中では比較的くるぶしの自由度が高く、かつ長時間のスパークライミングにも耐える堅牢さを持っています。
 Ankle - The booted ankle must be able to rotate and flex as normal. The heavier boots on the list will give the climber aspects of Safety (toe protection and chainsaw protection) and Gaff Comfort (stiff sole) but the climber will lose ankle flexibility, especially with badly designed lacing systems. Check La Sportiva’s ‘Trango S Evo gtx’ for a heavier boot that retains amazing ankle flexibility while being stiff enough to spend all day on gaffs.

 

タスク Tasks
僕たちは目的に応じてロープを使い分けますが、靴の場合も同様に使い分けが必要だと思います。
 As we apply different ropes for different applications I feel that boots may be considered in this way too.

軽量 庭木の剪定
 Light Niwaki style pruning.

軽中量 スパーを使わない剪定作業、ロープを使ったツリーワーク(フットロック、SRT、DdRT) 
 Light-Medium Pruning and non-gaffed removals, Roped tree work (footlocking, SRT, Ddrt).

中量 スパーを使った剪定/伐採
 Medium-Heavy Tree Removals with gaff.

重量 スパーとグランドオペレーションを使った剪定/伐採
 Heavy Tree removals with gaff and ground based chainsaw use.


靴の使い分け方は様々だと思いますが、僕自身は軽中量と中重量の2種類の靴を使い分けています。使い分けにより軽量級から重量級まで非常に幅広いレンジの仕事をこなすことを可能にしてくれます。クライミングスパーに関しての面白いニュースですが、DMMのディステルギャフ用の新しいシャンクは足の前の部分で踏み込むデザインになっているため、ヒールの出っ張りが小さい靴でもずれにくく安定して使えるようになっています。ディステルの靴をベルクロで固定するタイプは締め方が微調整でき、くるぶしの動きを確保するのに便利です。
 Within the spectrum of use there will be overlaps but I personally use 2 styles of boot, 1 light-medium and 1 medium-heavy, this gives me a greater range of performance through light to heavy duty works. An interesting side note is the new DMM designed shanks on the Distel gaffs, being ergonomically designed to sit further forward on the foot, allows boots without a huge heel-step to be comfortably used. Using velcro strapped bottoms on the Distel’s gives the climber an infinite amount of micro adjustments to retain ankle flexibility.


その他の留意点 Other considerations
金属製留め具の付いた靴はフットロックをする場合は邪魔になります。
 Metal eyelets will interfere when footlocking. 

靴によって保温性が違います。
 Some boots are warmer than others.

使いやすさ履き心地の良さと靴の耐久性とは相反することが多いです。
 Longevity is often less preferable to performance and comfort.

ゴム製のヘリを持つ靴はフットロックや爪先の操作に有利です。
 A rubber rand will aid when footlocking and toe rolling


推奨製品 Recommendations

軽量 地下足袋
 Light Jikkatabi

軽中量 スポルティバ『ボルダーX』スカルパ『プロアッセント』
 Light-Medium La Sportiva ‘Boulder X’ Scarpa ‘Pro Ascent’

中量 スポルティバ『トランゴ S Evo gtx』フィットウォール『ビッグウォールロック』
 Medium La Sportiva ‘Trango S Evo gtx’ Fitwell ‘Big Wall Rock’

重量 マインドル『エアーストリーム』
 Heavy Meindl ‘Airstream’