ODSK supports your field activities from outdoor sport to professional work.   アウトドアスポーツから プロフェッショナルワークまで 全てのフィールドをサポートする アウトドアショップK
 SPORTS館 
Mountaineering/Climbing/Camping/Canoeing/Slack Line
WORKING館 
HOMEお問合せODSK実店舗紹介サイトマップ         ONLINE SHOP  ログイン | マイページカートを見るご利用案内会員登録


 

 

 
 

 
YouTube動画集

2017 ウッドタワー講習会


2016 アーボセミナー in 立川


2016 ウッドタワー講習会


2016 アウグスブルグ
ツリーカンファレンス



村山浅間神社 2016/3/9-10


木曽寝覚の床(1)2015/9/12


木曽寝覚の床(2)2015/9/13


大モミ伐採 2015/8/28


篠ノ井線 2015/1/20


中央線 2014/7/16

 
 

チャンネル登録はコチラ

地上からのリング&リングのセット法(1)

スローラインが独立して枝又に掛かった場合(複数の枝を通らず1つの枝にだけ掛かった場合)、地上からリング&リング フリクションセーバーをセットしそこにロープを通すことができます。

1 2 3 4

1)スローラインを投げます。
2)スローラインは投げる前に大きなリングに通しておくか、投げてから反対側のエンドをリングに通します。スローウェイトをいったん外し、小さいリングにスローラインを通してからまた付けなおします。
3、4)スローラインを引いてフリクションセーバーを持ち上げていきます。

5 6 7 8

5)フリクションセーバーが枝に掛かり2つのリングが重なるとスローウェイトが下りてきます。
6)スローウェイトをはずしクライミングロープのエンドをハーフヒッチとクローブヒッチで結びます。ハーフヒッチは2,3ヶ所に作ります。最後のクローブヒッチをロープエンドぎりぎりの所に結ぶのがフリクションセーバーのリングを通りやすくするコツです。ロープエンドにアイ加工が施されている場合はアイにスローラインを結びます。
7、8)ロープをリングに通し下までたぐり寄せて終了です。

フリクションセーバーはスリングがねじれていても強度には影響しませんが、ロープはリングとリングの間をスムーズに通らなければなりません。フリクションセーバーを枝に掛ける時、ある程度勢いをつけて、2つのリングがカチンとぶつかる音が聞こえたら正しいセットが出来たしるしです。