ODSK supports your field activities from outdoor sport to professional work.   アウトドアスポーツから プロフェッショナルワークまで 全てのフィールドをサポートする アウトドアショップK
 SPORTS館  登山・クライミング・キャンプ・カヌー・スラックライン
Mountaineering/Climbing/Camping/Canoeing/Slack Line
WORKING館 
HOMEお問合せODSK実店舗紹介サイトマップ         ONLINE SHOP  ログイン | マイページカートを見るご利用案内会員登録

 

 

 

 
YouTube動画集
村山浅間神社 2016/3/9-10

木曽寝覚の床(1)2015/9/12

木曽寝覚の床(1)2015/9/13

大モミ伐採 2015/8/28

篠ノ井線 2015/1/20

中央線 2014/7/16

中央線 2013/12/5

リング&リング カンビウムセーバー Ring & Ring Cambium Saver

現在いろいろな種類のフリクションセーバーの中から仕事に適したものを選ぶ事ができます。プーリー付き、チューブ、リング付き、地上から回収できるもの、登って回収しなければならないもの。その中でリング&リング(いわゆるフリクションセーバーと呼ばれる大小2つのリングがあるタイプ)はシンプルなデザインなので、スプライスして自作することが出来ます。
We can choose from a wide range of friction saving devices, pulleys, tubes and rings, some being retrievable remotely and others not.  The ring and ring is one of the more simple designs.  It can be spliced easily enough too.

カンビウムセーバーには2つの役割があります。1つ目は枝とロープの保護です。直接枝に掛けられたロープは簡単に枝の形成層まで切り込んで、そこからバクテリアや菌類が侵入します。木に害が及ぶのはもちろんですが、ロープにも木の分泌物等がしみ込んで汚れるので強度が弱くなってしまいます。
 A cambium saver serves two purposes.   Ropes running directly over a branch can easily cut through to the cambium, opening the tree to bacterial and fungal attack.  This is terrible for the tree obviously but also the rope picks up anything that the tree exudes and becomes filthy and possibly weaker.

2つ目は摩擦の緩和です。ロープを枝ではなく金属に掛ける事によってロープの流れが大幅に良くなります。DdRTにおいてはアッセントやポジショニングでロープが常に動くため摩擦の減少は体力の大きな節約になるのです。
 The second is a 'friction saver'.  Having the rope in a ddrt system run over metal instead of bark is a great energy saver for ascent climbing and work positioning. 

DdRTでカンビウムセーバーを使うと「健康な木ときれいなロープ」という副産物が得られるということです。
 By products of using a cambium saver in a ddrt system are: Healthy Trees and Clean Ropes. 

最近ではシングルロープテクニックにおいてもリング&リングを使う人が現れてきました。この写真はタイインポイントで使われているところです。バタフライノットが小リングで止まってクライマーの体重を支えます。ノットが抜けないために念には念を入れ写真のようにデイジーチェーンにしたりカラビナを掛けておくといいです。
 These days SRT climbers have been using the ring and ring too.  Here you can see it set at the TIP (tie in point).  An Alpine Butterfly cinches against the small ring and the climbers weight keeps it set there.  We can clip rope or a karabiner to the loop for extra safety.



リング&リングがなければ、図のようにロープをチョークしてSRTが使えます。この場合クライマーはバタフライノットのループを通ったワーキングエンドにぶら下がります。
しかしリング&リングを使えばSRTからDdRTに簡単に切り替えることができます。
 Without the ring and ring we would choke the rope to itself but this means that the climber has to exit the tree parallel to the non working end in order for retrieval.  With the ring and ring a climber can exit any which way.  With a ring and ring set at the tip a climber has an option to switch between srt and ddrt on the same system. 

ロープが木から離れている場合は地上からDdRTがセット出来ますが、ロープが木に擦れてしまう場合DdRTは使えません。そんな場合でもフリクション セーバーを幹に回してアンカーとして使いSRTがセットできます。写真は幹にロープを回してデイジーチェーンでロックした所です。樹上の作業者をレス キューしなければならない場合、フリクションヒッチをハーネスに固定してストッパーを作ってからデイジーチェーンを解き作業者を下ろす事ができます。
If you can isolate a limb then it is simple to set from the ground.  If it is difficult to isolate a branch then the ring and ring can also be used as a trunk anchor.   The photos describe the trunk wrapped rope and daisy chained lock off.  In the event of a trunk rescue a hitch should be added and clipped to the rescuer. 




垂直な枝や幹にも、リング&フリクションヒッチ(リングセーバー)を追加する事でリング&リングをセットする事が出来ます。長さを調節することによりDdRTシステムを幹にしっかり取り付けてクライマーの安全を確保するのです。もちろんSRTでもしっかり機能します。
The addition of an extra ring and friction hitch modifies the ring and ring for stem work.  The adjustability means that we can choke a ddrt system so that in the event of a fall a ddrt climber is safe.  srt climbers can utilise the addition for stem work too.