ODSK supports your field activities from outdoor sport to professional work.   アウトドアスポーツから プロフェッショナルワークまで 全てのフィールドをサポートする アウトドアショップK
HOMEお問合せODSK実店舗紹介サイトマップ         ONLINE SHOP  ログイン | マイページカートを見るご利用案内会員登録
 

 
YouTube動画集

2017 ウッドタワー講習会


2016 アーボセミナー in 立川


2016 ウッドタワー講習会


2016 アウグスブルグ
ツリーカンファレンス



村山浅間神社 2016/3/9-10


木曽寝覚の床(1)2015/9/12


木曽寝覚の床(2)2015/9/13


大モミ伐採 2015/8/28


篠ノ井線 2015/1/20


中央線 2014/7/16

 
 

チャンネル登録はコチラ

ロープレンチ The Rope Wrench

ロープレンチはとてもユニークな下降器です。
でもこれはSRT(シングルロープテクニック)システムを作る時の『下降器』と考える必要があります。
アッセント(登り)では何の役割もありませんし、バックアップの役割さえありません。
ロープレンチはアッセントに関しては全くニュートラルなんです。

 The Rope Wrench is a unique Descending device. It is important to think of it as a DESCENDING device when designing your SRT system. It plays no part in ascent. It does not form a 'back-up' in any way. The Rope Wrench becomes 'in-active' on ascent. It has a neutral mode. 

デッセント(下降)になるとコングロボットのように働きますが、アッセントになると自動的にニュートラルになります。コングロボットは自動でニュートラルにはなりません。コングロボットをロープレンチと同じようにフリクションヒッチの上に取り付けるとアッセントの邪魔になります。この点がロープレンチの特徴なのです。
 On descent it functions like the Kong Robot (on the left). On ascent it automatically finds its neutral mode.  The Robot has no neutral mode. We cannot ascend with the Robot above our hitch. The Rope Wrench is unique in this regard. 


     kong Robot

SRTにおけるフリクションヒッチはDdRT(ダブルロープテクニック)の時より短くてもっときつく結ぶ必要があります。ロープレンチのマニュアルには「ヒッチはロープを滑らないようしっかり結ぶ事」と書いてありますが、しっかり結んだつもりでも安心してはいけません。
 A single line hitch MUST be tied shorter and tighter than on a DDRT system.  It says in the Rope Wrench manual that the hitch should be tied to reliably grab the rope but we must be conscious that the hitch may not do this.  

アッセントの時、ヒッチは下からプーリーで押し上げられてゆるみます。だからアッセントから他の動作に移る時には意識してヒッチをロープにしっかり締め直す必要があります。
フリクションヒッチのみでアッセントした場合には墜落する危険性があるのでアッセント時にはもう一つバックアップを付けた方が賢明です。

 In ascension the hitch is loosened by the upward motion of the hitch climber pulley. As we move from ascension our loose hitch should be tended to engage the rope.  We consciously do this. If there is a fall from ascension and being that the hitch cord is our sole attachment it is prudent to bring another device into the ascension mode.  アッセント時              デッセント時

一つの例を紹介しますと、コングダックをバックアップに使う方法です。コングダックはプーリーの下に付けると登るに従って自然に上っていきます。また、小さなリギングプレートをハーネスのブリッジに付けるとシャックルとカラビナがぶつかり合うのを防いでくれます。
 Here is one example.  The back-up is a Kong 'Duck'. It trails beneath the hitch climber pulley automatically.  The small rigging plate on the harness bridge stops the shackle and karabiner from clattering against one another. 

もう一つの例は,いわゆる“カウズテール(つなぎヒモ)”でアッセンダーとクライマーをつなぐ方法です。アッセンダーはカムがムキ出しのため小枝や葉っぱが絡んでロープをかまなくなる事もありますが、短めのヒッチコードを使って簡単にアッセンダーのバックアップが取れます。
常により安全な方法を探りましょう。
僕の元上司がよく言ってました、「安全第一、儲けは第二」.... あれ?逆だったかな?!!
 Here is another.  A traditional 'cow's tail' joins the upper ascender to the climber.  The ascender is an open shell toothed cam, twigs and leafs are a pain for it but we can easily back the upper ascender up too with a short length of hitch cord. 
 We should look always for the safer way.  As my old boss used to say:"Safety first and money second!"....or was it the other way around?!!
 

www.ropewrench.com


  Kong Duck                Ascender & Cow's Tail