TOP PAGE | ONLINE SHOP | サポートページ | ポールのページ |  ブログ | リンク

HOMEお問合せODSK実店舗紹介サイトマップ         ONLINE SHOP  ログイン | マイページカートを見るご利用案内会員登録
 

 
YouTube動画集

2017 ウッドタワー講習会


2016 アーボセミナー in 立川


2016 ウッドタワー講習会


2016 アウグスブルグ
ツリーカンファレンス



村山浅間神社 2016/3/9-10


木曽寝覚の床(1)2015/9/12


木曽寝覚の床(2)2015/9/13


大モミ伐採 2015/8/28


篠ノ井線 2015/1/20


中央線 2014/7/16

 
 

チャンネル登録はコチラ

ランヤードについて The Lanyard

ランヤードは 別名“サイド・ストロップ(皮砥)”“セカンド・クライミングライン” “フリップライン”等々いろんな呼び方をされていますが、アーボリストのクライミング・システムの中でも特に重要な役割を持っています。
 The 'lanyard' or 'side-strop' or 'second climbing line' or 'flip line' (or what ever you wish to call it!) forms an integral part of an arborists climbing system. 

 ストロップ(皮砥)


ランヤードは様々なロープを使って作られています。芯にワイヤーが入ったものまであります。
 It can be made from different types of rope and sometimes has a wire core. 

ワイヤー入りのランヤードは幹に回して振り上げやすくなっています。切断されにくくもなっています。とはいえ大きなチェーンソーが当れば熱いナイフでバターを切るごとく簡単に切断されてしまうので、これを使えば絶対大丈夫、と考えてはいけません。ワイヤー入りランヤードも、より効率的で安全な作業ポジションを作るための“補助ロープ”と考えて下さい。
 The wire core lanyard offers a greater ability when 'flipping' up a tree.  The wire core offers some additional cut protection too, although a large chainsaw will cut through the wire core like a hot knife through butter.  We shouldn't think of a wire cored lanyard as a fail safe.  It should still be used as an 'additional rope' and one that gives us greater and safer work positions.

作業中は常により効率的で安全なワークポジションを求めるべきです。
 We should always look for greater and safer work positions.

ランヤードの長短は人により好みが分かれるところです。長いランヤードを使えば2本の枝を使ってバランスを取る時に使いやすいですが、ロープをまとめるのは難しくなります。長いと簡単に枝や自分の脚、またはチェーンソーに絡んでしまいます。オーストラリアのあるクライマーは掃除機のコードのように使わない時には自動で巻き込んでしまうランヤードを自作していました。頭いいね!でも彼のは8mm位の細いロープでした。僕はどちらかというと13mmロープを使いたいです。小さいバッグをハーネスに付けてそれにランヤードを収納するという手もありますし、デイジーチェーンでまとめる人もいます。わかりますか?ツリークライミングではいつでも何通りかの解決法があるのです。皆さんはいつも頭を使わなければなりません。
 Some climbers like very short lanyards and some like long lanyards.  A longer lanyard is useful when a climber wants to balance themselves from two branches.  A longer lanyard makes 'clean rope management' more difficult. Quite simply it gets wrapped around branches, legs and chainsaws.  I saw that a climber in Australia modified a vacuum cleaner cord mechanism for his lanyard so he could 'draw in' the slack when it was not needed.  Clever!  But I think he must have used a very thin lanyard, 8mm and I prefer 13mm lanyards. Small bags are available to attach to the harness and lanyard 'tails' can be stored in them. Some people 'daisy chain' the lanyard.  You see, as always with tree climbing, there are a variety of solutions for each task.  You have to put your creative thinking cap on!

 デイジーチェーン 


僕自身はいくつか違う種類のランヤードを持っていて状況に応じて使い分けています。
 Personally I have a variety of lanyards and choose accordingly for different trees. 

ランヤードの取り付けにもいくつかのやり方があります。
ハーネスの両側に付いたDリングはランヤードが適切な角度で取り付けられて上下に動かしやすいデザインになっています。幹に回して使う時に取り付ける場所です。
 There are different ways to attach the lanyard to the tree and the harness.  
The side'D's' on our harness are designed to be loaded at a right angle to the tree with a margin of movement up and down.  They should be used for trunk work. 



サイドDはランヤードを木の幹に回して使う時に一番快適で安全なアタッチポイントですが、Dリング以外の場所に取り付けた方がより快適で安全に使える場合もあります。
 For trunk work the side 'd's' give us the most comfortable and secure means of attachment.   We can attach the lanyard to the tree in different ways to make the attachment more secure. 

枝の先の方で仕事をする時に、Dリングにぶら下がって体重を掛けるとハーネスが上にずれてお腹が締められて苦しくなります。低い位置にもDリングを付けてその問題を解決しているハーネスもあります。
 For crown work the side 'd's' can be very uncomfortable. When we 'hang' on them it draws the harness up and squashes into out sides and stomach.  Some harness designs offer a 'lower 'd' solution.


高い位置のDリングだとこうなってしまう。

ツリーモーションハーネスにはロアーDリングが付いています。


Dリングが低い位置にないハーネスの場合は、ランヤードをブリッジに取り付けることも出来ます。繰り返し言いますがやり方はいくらでもあるのです。複数のアルミリング、スイベル、またはヒッチクライマー・プーリー(僕のお気に入り!)なんかも利用出来ます。
 If the harness has no means of attaching to 'lower d's we can attach the lanyard to our front 'bridge'.  Again there are a variety of ways.  We can use multiple aluminium rings, or swivels or utilise the fantastic hitch climber pulley.



ランヤードの先端には大抵スナップが付けられています。スナップに直接ロープをスプライスできればより便利です。枝の又を通りやすくなります。ノットでは引っかかってしまいます。
 Snaps are often used on the end of a lanyard.  We can splice directly to them and this helps when pulling our lanyard through tight forks....knots get stuck. 



フリクションヒッチやロープグラブの連結は必ずトリプルアクションのカラビナを使うべきです。トリプルアクションのカラビナは現在のところ最も安全かつ使い勝手がよいと証明されており、それを誰も疑う余地はないでしょう。トリプルアクションのスナップも現在では手に入ります。
 We should always use a triple lock next to the friction hitch or rope grab.  Triple locking karabiners have proven to be the safest and most user friendly means of attachment and nobody can argue this point.  We can find triple locking snaps too.